1. TOP
  2. 旅行
  3. ここ良かったな♪ファミリーにおススメしたい子供が喜ぶ関西のキャンプ場

ここ良かったな♪ファミリーにおススメしたい子供が喜ぶ関西のキャンプ場

 2018/03/19 旅行
この記事は約 14 分で読めます。

暖かい日差しが感じられる季節になってきましたね。待ちに待ったキャンプの時期到来ですよ♪
すでに受け付けを開始しているキャンプ場もあります!!
人気のキャンプ場などはあっという間に予約が埋まってしまうので、乗り遅れないように早めに計画しましょう。

でも、キャンプ場ってたくさんあって迷っちゃいますよね。そこで、私が行った中でここ良かったなというキャンプ場をご紹介したいと思います。
うちの子の意見も入っているので、子連れキャンプの方必見ですよ(^^)

Sponsored Link

キャンプの予約状況ってどんな感じなの

キャンプを始めるにあたってやることって、まずはテントやテーブルなどのキャンプ用品を揃えることって思いますよね。
そんな私もキャンプにまつわる色んな道具を揃えるのに夢中で、キャンプ場の予約はは道具が揃ってからでいいやと後回しになっていました。
予約なんて直ぐにとれるだろうと・・・。これが甘かった。人気のキャンプ場は予約開始と同時に直ぐに埋まってました!
またキャンプ場によって電話・ハガキ・ネットと予約の取り方も違っているので、事前の下調べが必要なことが分かりました。是非キャンプOFFシーズンにキャンプ場を調べておきましょう。

キャンプを予約する上で必要なこと

キャンプを予約する上で必要なことは、ズバリ日にち!
予約は3、4ヶ月前から受け付けているところもあるので、計画は早めに立てておかないと乗り遅れてしまいます。

お子様がいる場合は幼稚園・小学校の年間行事予定表を用意しておくと、予定が立てやすくなります。
学校行事は基本大幅に日程がずれることはありませんから、前年度の行事予定表から大体の日程を把握できると思います。
また習い事などされている方は、習い事によっては土日に発表会や試合などがあると思うので、その日程も事前に調べておいた方がいいですね。

子供たちが喜ぶキャンプ場

キャンプ場を紹介している雑誌などを見るとたくさんあり、今度はどこに行こうかなとウキウキしますよね。
お子さんがいらっしゃる方は子供がより楽しめるキャンプ場と言うのが選ぶ上でのポイントになるのではないでしょうか。

そこで参考になればと、うちの子たちのお気に入りのキャンプ場をご紹介したいと思います(^^)

☆伊勢志摩エバーグレイズ☆

今まで行った中で、子供たちから一番評判が良かったのが『伊勢志摩エバーグレイズ』でした。確かに大人の私からも見てもダントツに良かったです。
こちらはグランピングも楽しめるハイレベルなキャンプ場です。

施設や、炊事場、共同トイレなど清掃が行き届いていて、快適に過ごすことができます。湖畔にたたずむコテージはまるで高級リゾート地に訪れた気分が味わえまるのではないでしょうか。

イベントも豊富で、キャンプ初心者の方でも時間を持て余すことなく安心して楽しめます。うちの子は付いて早々イベントに参加していました。

訪れた時はパイレーツをテーマにしたイベントを行っていて、キャンプ場もパイレーツ仕様になっていて、海賊の旗まで立てある意気込みにはチェックインする前からワクワクさせられます♪
イベントは月ごとで異なっていますので、お子さんが喜びそうなイベントに参加してみて下さいね。

☆シーズンイベント☆
3月
ウィークデイイースター
イースターパーティ
4月 
イースターパーティ
ウィークデイイースター
ハッピーウィークデイ
ゴールデンウィークスペシャル
5月 
ゴールデンウィークスペシャル
パイレーツパーティー
ウィークデイパイレーツ
ハッピーウィークデイ
カウボーイカーニバル
6月
ハッピーウィークデイ
カウボーイカーニバル
アメリカンフェスタ
ファンフェスタ
7月
ファンフェスタ
ハッピーウィークデイ
インディペンデンスデイ
サマーバケーション
8月
サマーバケーション

その他にも無料のイベントも多々あるので親としては有難かったです(^^;)


夜のビンゴ大会(週末・連休開催)はキャンプ場に泊まっている方全員?!と思うぐらい参加率が高く、大いに盛り上がります。

コールマンのチェアやファイヤーディスクなど豪華な景品もあるので大人の方が熱が入ります。
最後はマシュマロロースティングパーティーもあったりと、一日があっという間に過ぎてしまう楽しさを味わえます。
車で5分ほど離れたところに志摩スペイン村があり、花火が打ち上げられる時期はキャンプ場内で見れるのでお得です(^^)

フレンチトーストとコーヒーが無料の朝食サービスも付いて、ゆっくりと朝を過ごすことができるのは主婦としては嬉しかったです♪

珍しい体験として湖に隣接しているキャンプ場なので、カヌーに乗ることができました。
迷路のようになっている湖を漕いで進むカヌー体験は、探検気分を味わうことができて人気ですよ。

ドッグランも用意されているので、ワンちゃん連れの方も安心してキャンプを楽しめる心づかいが伺えました。

・・・基本情報・・・
住所:三重県志摩市磯部町穴川1365-10
電話番号:0120-592-364
URL:https://www.everglades.jp/
伊勢道 伊勢道・伊勢西ICより車で約30分

〇チェックイン 14:00~16:00
チェックアウト ~11:00
〇予約 3ヶ月前~
〇予約受付 ネット予約(ユーザー登録必要)
利用日前日、当日のみ電話予約受付
〇営業期間 通年営業
〇施設タイプ:区画サイト、バンガロー、コテージ、テントサイト、コテージ、バンガロー
(全施設にBBQグリルまたはファイヤーピット、テーブル&チェア有)
〇シャワー・お風呂(予約制)有
〇朝食無料(フレンチトースト&コーヒー)
〇料金
テントサイト 3,900円~
キャビン   10,000円~

 

☆グリム冒険の森☆

関西でも人気のキャンプ場の一つで、グリム童話にちな付けられた名前が印象的です。
大自然に囲まれたキャンプは日常生活を忘れさせ、アウトドアを思う存分楽しめます。
施設も清潔で、スタッフの方もとても親切な方たちばかりなので、キャンプが初めての方も安心して過ごすことができると思います。

キャンプ場内でひときわ目立つ大型遊具『レオパーク』は子供を惹きつけること間違いなし!
その他にも森の中に作られた遊び場には、子供たちがグリム童話に迷い込んだかのような楽しい仕掛けが一杯です。
木につるされたブランコはアルプスの少女ハイジを連想させ、都会では体験できない自然の遊具に大人でも乗ってみたくなりますよ(^^)

イベントも豊富で、焚きつけから行うドラム缶風呂は、昔ながらのお風呂を体験できます。子供たちもいつもと違うお風呂にテンション上がっちゃいます。

家族で協力しながら作るバウムクーヘンは、焼き上がって層になっているのを見ると達成感を感じます。上手く作れるコツも教えてくれるので安心ですよ。

草木染体験では自然の植物を使ってハンカチやエコバッグを染めることができます。布を紐で絞り、ハートや星型などの模様も作れるので、子供は夢中になってやっていました。持参の白いズボンを染める方もいらっしゃるなど大人も楽しめる体験でした。

その他にも流しそうめん(期間限定)、石窯オーブン、お菓子の家作り、木工細工、釣り体験、グリムウォークラリー、マウンテンバイクなどが楽しめます。
一日じゃ遊びつくせないイベントの数は家族連れには嬉しいですね(^^)

・・・基本情報・・・
〇住所:滋賀県蒲生郡日野町熊野431
〇電話番号:0748-53-0809
URL:https://www.grimm-camp.com/
〇アクセス:名神高速・八日市ICより20km 車で約45分
〇チェックイン 13:00~
〇チェックアウト 10:00
〇予約 6ヶ月前~
予約受付 電話(0748-53-0809)
〇営業期間:通年営業
〇定休日:なし
〇施設タイプ
コテージ、オートキャンプサイト、AC電源サイト、フリーオートキャンプサイト、ペットサイト
〇料金:オートサイト(電源なし)1区画1泊4,800円~、フリーオートサイト1区画1泊3,300円~
コテージ(6人用) 12,400円~
オートサイト 4,200円~
AC電源サイト 4,800円~
フリーオートサイト 3,300円~
ペットサイト 4,200円~

施設にシャワーが設置されていますが、施設近くに温泉施設がたくさんあるので、疲れた体を温泉でゆっくりと癒すのもキャンプの醍醐味ですね。

〇永源寺温泉「八風の湯」
車で約30分
電話番号 0748-27-1126
受付時間 全日 10時~22時
URL:https://www.happuno-yu.com/

〇甲賀温泉「やっぽんぽんの湯」
車で約20分
電話番号 0748-68-0250
受付時間 平日12時~23時
土・日・祝 11時~23時
URL:https://www.diamond-s.co.jp/yappon/

〇天然温泉「蒲生野の湯」
車で約30分
電話 0748-57-1426
受付時間 10:00~22:00
URL:https://www.gamounonoyu.net/

〇水口温泉「つばきの湯」
車で約30分
電話0748-65-1126
受付時間 平・祝:9:00~24:00
土・日:7:00~24:00
URL:https://tsubakinoyu.jp/

 

☆キャンプリゾート森のひととき☆

大自然に囲まれ、川や森の魅力を思う存分楽しめるキャンプ場です。
森での虫取りや、キャンプ場内に流れている川での生き物観察、エビや魚、カエルまで生息していて子供はもちろんのこと、大人まで大自然の魅力にハマってしまいます。

森のひとときの名物イベントであるキャンプファイヤーは、盛り上げ名人の「さかもっちゃん」が中心となり、キャンプファイヤーを思い出に残るものにしてくれます。
音楽とダンスにキャンプファイヤー参加者は大賑わいです♪森の中のキャンプ場ならではの醍醐味を体感できると思います。イベントは毎月開催しています。

時期によりますが、あまご掴みは子供に体験させてあげたいイベントの一つではないでしょうか。子供が生きた魚を必死に追いかける姿は見ている大人も興奮します。
捕まえたアマゴは自分たちで洗って櫛を刺し、焼き場に持って行き焼いてもらいます。ちょっとしたサバイバル経験ができるのでおススメです。
自分でとった魚は格別に美味しいようです(^^)

その他にも水鉄砲バトルや野外遊びもあり、参加者全員で楽しめるイベントもあって、キャンプに訪れている人全員が仲間になれるような空間を作ってくれます。
父の日・母の日イベント、ロケット選手権やクラフト作り、ハロウィン、カボチャランタン作りもあり、あっという間に時間が過ぎてしまうこと間違いなしです!

施設内には露天風呂があり、大自然の中での露天風呂は身体の芯から癒される心地よさです。お風呂は大きくないので、込み合い具合を見計らって入ることをおすすめします。

車で10分ほどのところにパラグライダーや木登りが体験できる施設もあり、大自然ならではの遊びを体験できます。

・・・基本情報・・・
〇住所:兵庫県丹波市市島町与戸字長尾52-1
〇電話:0795-78–9111
〇アクセス:舞鶴若狭湾自動車道 春日ICより車で約10分
URL:https://mori-hitotoki.com/
〇チェックイン 14:00~
チェックアウト 10:00
〇予約 通常2カ月前、早期予約有
〇予約受付 電話・ネット可、早期予約はネットのみ
〇営業期間:通年営業
〇施設タイプ:コテージ、トレーラーロッジ、ホテル、キャビン、オートサイト、デッキハウス
〇料金:4,000円~
・コテージ 19,000円~
(1名毎の追加料金 3,000円)
・ロッジ 12,000円~
(1名毎の追加料金 500円)

〇パラグライダーや木登り体験
電話予約:090-5168-2946
URL:https://mori-hitotoki.com/

 

☆ウェルネスパーク五色☆


出典:ウェルネスパーク五色

兵庫県淡路島のちょうど真ん中に位置しているので、淡路島の観光名所が至る所にあり、キャンプ2日目や帰り道によったりとキャンプと観光両方を楽しむことも可能です。
公共の宿泊施設もあり、「泊まる、食べる、くつろぐ、遊ぶ、学ぶ、体験する」が揃っている珍しいキャンプ場です。

全天候に対応したドームは、テニスや、フットサル、ゲートボールを天候を気にせず楽しむことができます。(要予約)
屋外にテニスコートがあり、ナイター照明も付いているので思う存分スポーツを楽しめますよ。

子供たちには青空の下で思いっきり遊べるように、わんぱく広場にはローラー滑り台、秘密基地のような遊具、ターザンロープまで用意されています。


出典:ウェルネスパーク五色

体験施設『夢工房』では様々な体験をすることができます。うどん・そば打ち体験、淡路瓦粘度の陶芸体験、ケナフの紙すき体験、染色体験など親子で夢中になれます。
染色体験では玉ねぎの皮、ケナフの花びらや古代米、藍、園内の草木や木の実などから染めることができ、子供の好奇心が育てられそうですね(^^)
天候に左右されるキャンプでは施設内イベントが豊富なのは助かります。

施設内に農園があり、そちらで収穫体験をすることもできます。イチゴやブルーベリー、たまねぎ、じゃがいも、さつまいもなどとったものをその場で調理できる醍醐味もあります。
敷地面積がとても広く、洋ランセンターやカブトムシハウスまであり、キャンプ場内を散策するのも楽いですよ♪

お風呂は敷地内に入浴施設「ゆ~ゆ~ファイブ」があり、五色天然温泉を楽しめます。

また車で5分ほどのところに海水浴場があり、夏場は海遊びも楽しめます。少し沖の方にいけば淡路島の海の奇麗さを感じることができますよ♪

・・・基本情報・・・
〇住所:兵庫県洲本市五色町都志1087
〇電話:0799-33-1600
〇アクセス:神戸淡路鳴門道 北淡ICより車で約30分
URL:https://www.takataya.jp/access/
〇チェックイン 14:00~
チェックアウト 11:00
〇予約 6ヶ月前~
〇予約受付 電話、ネット
〇営業期間:通年営業
〇施設タイプ:ログハウス、オートサイト
〇料金:3,600円~
・オートサイト3,600円~
・ログハウス=16,200円+1名1,080円~

☆ハイマート佐仲☆


出典:ハイマート佐中

丹波篠山の佐仲自然公園内にあるキャンプ場です。キャンプ場内には桜の木が植えられていて、お花見キャンプを楽しみに訪れる方が大勢いるようです。

直ぐ側を小川が流れていて、5月~6月にかけてはホタルを鑑賞することができます。
辺り一面ホタルが飛び交う様子は都会では中々体験できない光景です。淡い光が消えたり、光ったりする様は幻想的で心を穏やかにしてくれます。
ホタルが頭や肩に止まったりすることもあるぐらいホタルを身近に鑑賞できる珍しいスポットです。

テント設営のすぐ横にダムがあり、そこから見渡す光景は絶景です。絶景を見るには長い階段を登らないといけませんが、上る価値は十分あります(^^)子供たちは山に向かってやまびこしたりと自然の遊びを堪能していました。
またこちらのダムはワカサギ、ヘラブラの関西でも有名な釣り場になっています。
釣れたワカサギの天ぷらのサービスもあるので釣るだけでなく、食する楽しみも味わえるなんて最高ですね♪


出典:ハイマート佐中

キャンプ場内には丹波焼の陶板風呂があり、左仲の清水を使ったお風呂で体を癒すことができます。お風呂がキャンプ場内にあるのでのんびりと過ごすことができます。

食事処もあり、囲炉裏を囲んで猪肉・地鶏・手打ちそばなど、丹波篠山の美味しいお料理もいただけます。
本格石窯でのピザ作りが体験、秋にはオーナー自ら栽培している、丹波篠山黒大豆の枝豆とサツマイモの収穫体験も魅力の一つです。

広大な芝のフリーサイトが自慢のキャンプ場はグループキャンプを計画している方にはピッタリなキャンプ場です♪

・・・基本情報・・・
〇住所:兵庫県篠山市小坂459?3
〇電話:079-593-0888
〇アクセス:舞鶴若狭自動車道「丹南篠山口」ICより車で約15分
URL:https://heimat-sanaka.com/
〇チェックイン 12:00~
チェックアウト 15:00
〇予約 随時受付
〇予約受付 電話 ネット
〇営業期間:通年営業
〇施設タイプ:バンガロー、フリーサイト
〇料金:車1台 2,160円
・大人一人 1,080円
・3歳~小学生まで一人 648円

〇佐仲ダム釣り場
TEL 079-593-0603
定休日 火曜日
シーズン ワカサギ:9月中旬~4月、ヘラブナ:年中

まとめ

全国にたくさんあるキャンプ場。イベント豊富なところ、のんびり過ごせるところ、それぞれに特徴があって色んな所を回ってみたくなりますよね♪
気に入ったキャンプ場に足しげく通えば、スタッフの人たちともより親密になれるのではないでしょうか。

日頃はお手伝いしない子もキャンプでは気持ちよくお手伝いしたりと、キャンプならではの出来事もあり、うちの家族はハマってしまいました(^^)
またここ良かったなと思えるキャンプ場を紹介していきたいと思います♪

 

下記の記事も多くの方に読まれています。

Sponsored Link


<当サイトより>
訪問者にに役立つサイトや商品を独自で収集しご紹介しておりますが、掲載企業様で掲載しないでほしい情報や削除してほしい部分がございましたら、<お問合せページ>よりご連絡くださいませ。できるだけ早急に対処いたします。

\ SNSでシェアしよう! /

ママとれの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママとれの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

kumi

kumi

面白いこと、楽しいこと大好きな大阪育ちの主婦です。
二人の娘ちゃんの笑顔を栄養に料理、掃除、日々頑張ってます。

週に一度の娘ちゃんのお弁当作りで、オブラートアートを入れるのが密かな楽しみ(^^)
美味しいパン作りが癒しの時間♪

色んなことにアンテナはって情報を配信していきたいと思います。

この人が書いた記事  記事一覧

  • こどものわくわくが止まらない自由研究を楽しもう!まとめ方のコツとポイント

  • 2学期以降に差が付く!総合スケジュールとタイムスケジュールで有効的に学習する

  • 七夕のルーツを知って、家族で七夕を楽しもう♪七夕を盛り上げる料理10品ご紹介

  • 妊婦さんにもおすすめ!美容にも良いシソジュースで夏バテ解消♪ 作り方&応用レシピ

関連記事

  • 家族旅行で楽しめる沖縄のホテル【体験記】夏休み子供に人気スポットおすすめエリア

  • 宿泊しながらホタルを見よう-旅館選びはここから

  • レゴランドジャパン名古屋をお得に120%楽しむ!チケット入場料やアトラクション情報

  • もうすぐ夏!子ども連れでの夏のレジャーの注意点とは?

  • 沖縄に行く家族旅行の遊び方【本島・石垣島・宮古島】

  • 赤ちゃん・子供連れも安心♪ 絶対に失敗しない!ファミリー向けホテル選び 5つのポイント