1. TOP
  2. 食費節約のコツはスマホと容器にあり!食品ロスをなくして食費ダウンを目指す

食費節約のコツはスマホと容器にあり!食品ロスをなくして食費ダウンを目指す

2016/10/21 節約
この記事は約 8 分で読めます。 259 Views

節約を考える上で、家計の中で一番削れそうな部分は食費だと考える人が多いんじゃないでしょうか。無駄に買っていないつもりでも食べずに捨てている食品に身に覚えがありませんか。

食品の無駄に関するあるある話では、乾物などが入っている戸棚に賞味期限切れのものが出てくる。その他には冷凍庫の奥の方にいつのかもわからないカピカピの魚の干物があったり・・・

主婦としてそれをつつかれると痛いところですよね(^^;)無駄に買ってしまった=お金を捨ててしまったも同然ですから。

政府が調べた食品ロスの結果では、国全体で年間約632万トン、1人1日お茶碗1杯分の食べ物が捨てられているそうです。そして食品ロスの約半分は家庭から出ているらしいんです。つまり4人家族ではお茶碗2人分の食品を毎日捨ててるということなんです。かなり衝撃的な事実ですよね。でもこれは逆にお金を貯めれるチャンスだと思いませんか。

無駄に捨ててるものを防ぐことができれば、その分買わなくて済むのでお金が貯まりますよね♪

1ヶ月1万円ダウンも夢じゃないかもしれませんよ(^^)

食品を捨ててしまっている原因とは

setu4

食費を節約するにはまず、何がいけないのか原因を知っておかないと対策を練れませんよね。自分でも思いあたるフシはあるかと思いますが、農林水産省がH21年に調べた『平成21年度食品ロス統計調査(世帯調査)』の結果で見てみたいと思います。

 

食品を食べずに捨ててしまった理由

第一位
食品の鮮度の低下、腐敗やカビが原因

第二位
食品の消費期限・賞味期限が過ぎたため

第三位
色や臭いなどで食品の安全性に不安を感じたため

第四位
食品が中途半端に余ったため

参照元:食品ロス 政府広報オンライン

 

この内、第一と第二位は回答した方の50%もの人が食品を捨てた理由として上げています。食材別では野菜が最も多く、次に調理加工品・果物・魚介類の順番で捨てられているそうです。

そして料理中に出る野菜の皮や肉類の脂身など食べられる部分を必要以上に捨ててしまっていることも食品ロスに繋がっているそうです。

全ての理由で思いあたりませんか。シチューやカレーなどお茶碗1杯分だけ残ってしまい、勿体ないけど仕方なく捨ててしまったり、ハンバーグを作り過ぎてとりあえず冷凍したけれどいつのか分からなくなり不安で捨ててしまった。など料理の残り物の廃棄もけっこうあるんですよね。

また、食品棚が整理できていないので、同じ食品をいくつも買ってしまい賞味期限が過ぎてしまった。など食品につながる無駄ってかなりありますよね。これらの対策にはちょっとした工夫で解決できちゃうんです。

面倒な食品の管理を楽にする方法

食品の管理ってとっても大変ですよね。冷蔵庫や食品庫に保存している食品の数は数知れないと思います。一つ一つ食品の賞味・消費期限を覚えるなんて無理な話です。それならば管理ができる便利なアプリを使ってはどうでしょう。

そんなこと面倒だなって思うかもしれませんが、使ってみることでその便利さに驚くと思います。しかもこれが節約つながるとあればやってみる価値があるのではないでしょうか。

その他にも食品を見やすくすることで把握・管理しやすくなります。

アプリで賞味期限を管理して食品の廃棄を防ぐ

setu5

食品の賞味・消費期限を把握することで期限切れで食品を捨ててしまうことを減らしましょう。

特にインスタントラーメンやレトルトカレーなど日持ちするものに関してはアプリで登録・管理しておくことで、きちんと使い切ることができるようになります。賞味期限が何ヶ月もあるものはついつい後で使えるからと忘れがちになりますよね。

しかし、食品の賞味期限を把握できるアプリを使用することで、いつまでに使わなければいけないのかが把握できるので、使い切ることが可能になります。バーコードや写真で登録することができるのでとっても簡単です。

iPhone版

%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bc2

商品バーコードで賞味期限を通知 Limiter2(リミッター)

%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bc2_2

参照元:Appストア  Limiter2(リミッター)

Limiter2は商品のバーコードを読み取り、賞味期限を入力することで、いつまでに使い切らなければいけないのかが分かりやすい写真付きで表示されるのが特徴です。通知のタイミングも『当日・1日前・3日前・7日前』と設定可能です。通知設定はダウンロード完了後すぐに行うことをおすすめします。

買い物から帰ってきたらまずはバーコードを読み取りリミッターに登録しましょう。それから冷蔵庫や食品庫にしまえば安心です。カテゴリー別でも管理できるので見やすく、賞味期限の短いものから順に表示されます。

Android版

%e9%a3%9f%e5%93%81%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc

食材キーパー

%e9%a3%9f%e5%93%81%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc2
参照元:Google Play 食材キーパー

カテゴリ・購入日・賞味期限・通知・残量を簡単に登録できて管理できるのが特徴です。賞味期限が近づくとお知らせする機能もあります。

登録した食品の残量もスライドで設定変更できるので、残量が分かりとっても便利です。

買い物中で特売などがあってもこのアプリで食品の残量を見て購入できるので無駄な買い物を減らすことが可能です。

このような商品の賞味期限を把握・管理できるアプリを使うと、特売だからとついつい手が伸びてしまうお砂糖やお醤油などの調味料などの無駄な買い物を防ぐことができるようになります。

また封を開けてしまったソースやワサビなどの薬味系は使用頻度が少ないと賞味期限切れを起こしやすいものも管理することができるので便利ですよ。

食品の残量をチェックしやすい容器に移す

setu1

パスタやわかめなどの袋で入っている乾物って封を開けて輪ゴムなどで縛っておくと、棚の奥底に隠れてしまって見えずらくなったりしますよね。まだあるのに、同じものを購入して封を開けてしまい賞味期限が切れてしまったということもあると思います。

食品を透明の容器に移すと、残りの量が分かりやすくなり、直ぐに確認できるので余分に買ってしまうことを防げます。

使い切れなかったコンニャクやお豆腐なども透明の容器に移すことで、蓋を開けなくても何がどのくらい入っているのかがよくわかるので腐らせてしまうことを防ぎやすくなります。

無駄な買い物を無くすには5日間の献立を作成&まとめ買い

setu6

毎日でも献立を考えるのが大変なのに、まとめて考えるなんて大変そうと思われるかもしれませんが、意外とこちらの方が楽だったりするんですよ。

週末などまとまった時間に1週間のうち5日分だけ献立を考える時間を作りましょう。そうすることで冷蔵庫や食品庫の分量や調味料のチェックもできるので効率よく買い物ができるようになります。

また、まとめて考えるのでバランスよく献立を考えることが可能になります。

なぜ5日間だけしか献立を作成しないかと言うと、1週間まるまる献立を考えてしまうとどうしても食料が余ってしまったり、料理の残り物が出たりしますよね。そこで献立を考えていない残り2日間で冷蔵庫や食品庫の残り物を使って調理しちゃうんです。

そうすることで冷蔵庫の残り物を腐らせてしまうことを防げます。また5日分の食材だけしか購入しないので、1週間後は冷蔵庫が空になる状態を作ることができ冷蔵庫のチェックがしやすくなります。

買い物に行くとどうしても『特売』や『新商品』などのキャッチコピーにつられて購入してしまうことってありますよね。
献立をまとめて考えることで買い物に行く回数も減り、買い物リストにないものを購入してしまうことをふせげます。
またアプリで管理しているとその場で在庫の確認ができるので購入すべきか検討することができます。

献立に困った時はアプリで解決

yama07

冷蔵庫の残りを使っていざ料理を作ろうと思っても、メニューがマンネリになったり、レシピ本を開いても食材の残りを使ったメニューが載ってないことありますよね。

食材を無駄にしないためにも何とか使い切りたいですよね。それならばアプリでさくさく検索しちゃいましょう。

cookpad(クックパッド)を使えば『ナス アボガド』など食材を入力して検索すると茄子とアボガドを使ったレシピが瞬時に出てきて悩みを解決してくれます。今まで作ったことのない料理にもチャレンジできるのでマンネリから解放されますよ。

さらにプレミアム会員になると、1番人気のレシピまで分かり、気になるレシピを3000件まで保存が可能になります。鉄板レシピも見れたりと、とってもお得なサービスが盛りだくさんです。プレミアム会員には月額400円のお支払いが必要となります。

無料の会員でもレシピ検索は可能ですし、20件までレシピを保存することができます。

setu2

まとめ

yama08

家計のためにと1円でも安く購入しようと努力をしても、結局使い切れずに捨ててしまっては勿体ないですよね。全ての食品を使い切れるように工夫することで無駄な出費を防ぐことができるようになります。

冷蔵庫や食品庫の在庫の管理はアプリや透明容器などを使うことで、見やすく簡単に管理することができるようになります。

買い込み過ぎで冷蔵庫がパンパンだと電気代にも影響するって知っていましたか。冷蔵庫をスッキリさせると食材の無駄をなくすだけでなく、電気代の節約にもつながります。これらの工夫で食費1万円ダウンを目指して賢い主婦になりましょう。

整理整頓されていると、見やすい分かりやすいだけでなく掃除もしやすいので冷蔵庫も衛生的に保てますよ(^^)

Sponsored Link


<当サイトより>
訪問者にに役立つサイトや商品を独自で収集しご紹介しておりますが、掲載企業様で掲載しないでほしい情報や削除してほしい部分がございましたら、<お問合せページ>よりご連絡くださいませ。できるだけ早急に対処いたします。

\ SNSでシェアしよう! /

ママとれの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママとれの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介

kumi

kumi

面白いこと、楽しいこと大好きな大阪育ちの主婦です。
二人の娘ちゃんの笑顔を栄養に料理、掃除、日々頑張ってます。

週に一度の娘ちゃんのお弁当作りで、オブラートアートを入れるのが密かな楽しみ(^^)
美味しいパン作りが癒しの時間♪

色んなことにアンテナはって情報を配信していきたいと思います。

この人が書いた記事

  • フリマアプリ『メルカリ』の評価は変更できるの?変更できる理由とは?

  • 化粧崩れをしないための原因と方法|夏のメイクに欠かせないアイテムとは

  • 子供が喜ぶうちのごはん 野菜をモリモリ食べれる楽ちんレシピ

  • ディズニーランドショーレストランがおススメ!食事とキャラクターが一緒に楽しめちゃう

関連記事

  • オススメのポイントカードって?! 持つなら、この3つのカード!

  • 通信費から見直そう インターネット料金節約のための手引き

  • 老後は年金だけで暮らせる?シニアライフを満喫するには貯金3,000万円以上が必要な理由

  • 「家計簿の費目」5つの仕分けで節約上手になれる方法

  • こたつで電気代5000円以上オフ?! 冬場の電気代を節約するならこたつがおすすめ

  • 保険の見直しで驚いた!家計が節約できる見直しとは?