1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 離婚の原因ランキング 1位は意外にもあの理由だった!

離婚の原因ランキング 1位は意外にもあの理由だった!

 2016/06/30 ライフスタイル
この記事は約 7 分で読めます。

日本でも最近では離婚するカップルが多く、離婚件数も毎年同じくらいの件数を推移しています。平成27年度の厚生労働省推計によると、婚姻した夫婦は約635,000組なのに対し、離婚した夫婦は約225,000組とされています。単純計算で言えば3組のうち1組のカップルが離婚していることになります。

一昔前はアメリカの結婚したカップルの2組に1組が離婚すると言われていましたが、日本でもそれに近付きつつあります。

では、日本の夫婦はどんな理由で離婚に至るのでしょうか?今回はランキング形式で離婚理由を発表します。

(夫側・妻側、両方からの離婚理由を合わせてランキングしています。詳細な数値等は相違している場合あります。)

Sponsored Link

離婚の原因第5位 相手家族との折り合いが悪い・同居に応じない

shutterstock_128531483
結婚した相手が長男または長女だった場合、将来的には相手の親と同居しなくてはならない人もいると思います。また、結婚した時にどちらかの親がすでに高齢だった場合、介護などのことも含めて即同居というスタイルを取ることも、日本はこれから高齢化社会が進むだろうと予測されているので、ひとつの方法として予測できることですよね。

お嫁さんの場合は、相手の家族、特にお姑さんとできれば穏便に仲良く暮らしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

何か問題が起きた時に根気よく相手の家族に付き合ってあげる大きな器や、「私は嫁の立場だし…」と、ちょっとした我慢ができればいいのですが…我慢が重なるといつかは不満が爆発してしまうかもしれません。

お嫁さんもお姑さんも人間ですので、「どうしても無理!」ということもありますよね。
嫁姑問題は簡単に片付くものではありません。もともと他人同士だったのですから、どうしても譲ることができない気持ちだって生まれてくるのが当たり前でしょう。

また、「結婚前は同居はないと言っていたのに結婚したら同居しろと迫られ、騙された!」「妻の両親との同居はしないということで合意したのに…」というケースもあるようですね。

このように、相手家族との折り合いが悪かったり、同居に応じない・応じたくないとどちらかが拒否していることが離婚理由に繋がるようです。

離婚の原因第4位 必要な生活費を渡さない

shutterstock_361680374
この理由を離婚原因として挙げているのは妻側が多いのではないでしょうか?特に、家計をやりくりしている専業主婦の方にとっては深刻な問題のはず。

生活費はその名の通り日々の生活に必要なものを購入するための費用であり、生活の基盤となる食事や衣服などを生活費でまかわなければなりません。生活費がなくては生活していけませんよね。

例えば、夫が働きに出ていて給料を管理しているという家庭で、夫が生活費をギャンブルなどにつぎ込んでしまった、という場合もこのケースに当てはまります。
また、浪費癖が直らずお金を使いすぎてしまうということを離婚理由に挙げている夫婦の例もあります

夫婦や親子にはお互いの生活を守る義務があるので、生活費を渡さないことは離婚理由として認められます

大きく言ってしまえば生活費を渡さない=生命に関わることですので、離婚理由としては上位に食い込む結果になったのではと思います。

離婚の原因第3位 DV・モラハラ(精神的な暴力)を受けている

shutterstock_368526569
夫婦どちらかがDV・モラハラを受けている場合、そのことを離婚理由として申告する方も多いようです。

殴る・蹴るなどの身体的な苦痛を与えることはたとえ夫婦でなくてもしてはいけないことです。またそういった行為は離婚がどうこう言う以前に、暴行・傷害などの犯罪行為にあたります。

DVは最悪の場合は命を落とす危険もありますので、一刻も早く離婚という方法を取るべきでしょう。同時に、自治体によって用意されているシェルターなどに一時的に避難することも大切です。

一昔前は夫から暴力を受けている妻からの申し立てが多かったようですが、最近では妻が夫に暴力をふるうケースも増えてきています。

モラハラは精神的なDVです。言葉や態度で相手を精神的に傷付け、支配しようとします。最終的にはうつ病や自殺などに追い込んでしまうこともあり、モラハラが原因で離婚を選択する人も多くなってきています。

離婚の原因第2位 浮気・不倫・異性関係

shutterstock_410483971
離婚理由としてずっと昔から上位に食い込んでいる「浮気・異性関係」が第2位となりました。パートナーの浮気は離婚するカップルにとって根深い問題だと言えるでしょう。

結婚しているのに他の異性と深い関係になってしまった・性的関係を持ってしまった、など即離婚に至る理由から、性的関係なかったけれど他の異性と密に連絡を取っていてそれに対して妻(夫)がカンカンに…というものまで、異性関係の離婚問題は幅広いです。

また、過去の元カノ元カレの連絡先がケータイに登録されていただけでも離婚問題に発展する可能性もあります。

夫(妻)が他の相手に夢中になってしまい、それが元で離婚せざるを得なくなった、というものもここに含まれるでしょう。
パートナーにに本気で心変わりをされてしまうと、もうあとは気持ちの問題ですよね。自分だけではどうしようもありません。

妻の浮気を許せない夫はわりと多いようで、浮気の疑いがあっただけで夫側から離婚を言い渡されることもあるようです

このような事態を避けるために、相手が慎重な性格であるならなおのこと、結婚するまでの異性関係はできれば結婚前にきれいサッパリと清算しておきたいものですね。

離婚の原因第1位 性格の不一致

shutterstock_191630447
堂々の第1位は「性格の不一致」でした。近年、この「性格の不一致」という理由で離婚するカップルが増え続けています。

結婚するまでは分からなかった性格や価値観などから、ちょっとずつ生活がすれ違い、いずれは離婚…というケースです。

夫婦生活とは多少の好みの違いや価値観の違いなどは当事者同士で話し合いや譲り合いを続けていくことで成り立っていると思います。しかし、結婚生活を続けていくうち、相手に共感することができなくなり、不満が積もりに積もって離婚に至ってしまうようですね。

確かに、性格が合わないのに結婚生活を続けていくことは、これから何年・何十年も同じような生活が続くこと考えると、苦痛そのもの。お互いの幸せ・精神的な安定のために離婚する、というのも一つの方法なんでしょうね。

また、具体的な理由に欠ける場合などもこの「性格の不一致」に含まれています。

個人的な考え方なのですが、できちゃった結婚など相手のことをよく理解する時間が持てないまま・相手のことをよく知らないまま結婚してしまうと、こういった事態が多く多発するのではないかな?と思います。できちゃった結婚を否定しているわけではありませんのであしからず。

離婚する前によく考えて!

shutterstock_125136062
結婚とは違い、離婚には様々な問題がつきまといます。

子供の親権や財産分与、ほかは仕事をやめなくてはならないなどなど…挙げればキリがありません。また、話し合いで双方が離婚に合意しなかった場合は、裁判に発展する可能性もあることから、資金面での工面もしなくてはなりません。
裁判で子供の親権に関する判決が出れば、片方は養育費を出さなくてはなりません。

離婚するということはそれまでの生活を一旦捨てて、新しくやり直すということです。

今一度「離婚して本当にあなたが幸せになれるのか?」ということをじっくり考えてから、結論を導き出すようにしてくださいね。

 

ライフスタイルカテゴリーでは下記の記事も読まれています

 

Sponsored Link


<当サイトより>
訪問者にに役立つサイトや商品を独自で収集しご紹介しておりますが、掲載企業様で掲載しないでほしい情報や削除してほしい部分がございましたら、<お問合せページ>よりご連絡くださいませ。できるだけ早急に対処いたします。

\ SNSでシェアしよう! /

ママとれの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママとれの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

nino

nino

ライター 兼 らくがきイラストレーター。広島在住。
家族4人+文鳥2羽でまいにち暮らしています。
文鳥グッズを集めるのが趣味。
LINEスタンプ:nino

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【おせち】食べる上で知っておきたい!おせち料理の食べ物にそれぞれ込められた意味のまとめ

  • クリスマスツリーに飾り付けるオーナメントの意味って?調べてみました。

  • 『気付いたら目の下にクマが…(泣)』 を無くす!目のクマ・色素沈着の原因は?クマの解決方法5つ掲載

  • 大掃除にも使える♡便利なお掃除グッズ15選で家中キレイにしちゃお〜!

関連記事

  • クリスマスツリーに飾り付けるオーナメントの意味って?調べてみました。

  • 入院・手術代いくらかかる?いざと言う時の備えはできていますか?

  • 寝不足を解消したい!ぐっすり眠るための3つのポイント

  • ママの働き方 産後の仕事は『時短』で乗り切る!

  • 少し変わった贈り物をあげたいあなたに♪ 体験ギフトの贈り物はいかがですか

  • いつが変え時? 生命保険を見直すべき3つのポイントとタイミング