1. TOP
  2. 子育て
  3. 蕁麻疹だけじゃない!赤ちゃんのアレルギーの症状とは!?

蕁麻疹だけじゃない!赤ちゃんのアレルギーの症状とは!?

 2016/07/30 子育て
この記事は約 7 分で読めます。

近頃アレルギーを持つ子どもが増えていると言われています。アトピー性皮膚炎は乳幼児の10~15%で10年前に比べると1.5倍ほどに増加、食物アレルギーも乳児の10人に1人が発症しています。

「うちの子、もしかしたらアレルギー?」と思っているお母さんも多いはず。もしアレルギーの症状が出てしまった時も、どんな症状があるか事前に知っておくことで落ち着いて対処することができますよ。

ここでは赤ちゃんのアレルギーとその症状について紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

赤ちゃんのアレルギーとは?

shutterstock_356589014 (1)

人間の体には外部から侵入する異物(細菌やウイルス)を排除しようとする働きがあり、それを免疫と言います。

この免疫は有害な異物への抗体を作り、次に侵入した時に攻撃して体の外へ追い出してくれます。

この免疫が過剰に働き、異物で無いものにまで反応してしまい、逆に体に害が出る状態がアレルギーです。

 

赤ちゃんは消化能力や皮膚のバリア機能が未熟な事により、アレルギーが出る事があります。なので乳幼児期のアレルギーは成長につれて症状が軽くなっていくことが多いです。

 

アレルギーはこうやって起きる!アレルギーのメカニズム

shutterstock_191956637 (1)

そもそもアレルギーとはどのように起こるのでしょうか。

アレルギーの原因となる物質が体内に入ってくると、体はそれを排除しようとします。

排除するために、抗体をつくるBリンパ球とアレルゲンに反応する1型ヘルパーTリンパ球が、抗体のIgEを作ります。

本来ならIgEの過剰分泌を抑える2型ヘルパーTリンパ球の働きでバランスをとっているのですが、アレルゲンが入ってくることで1型ヘルパーTリンパ球が強くなりバランスが崩れてしまいます。

 

これによりIgE(抗体)がかゆみや炎症を引き起こすヒスタミンロイコトリエンと呼ばれる物質を作り出し、アレルギーの症状が現れます。

一度できたIgEは、長い時間無くなることはありません。

このためアレルギーが一度起こると長期間治る事はありません。

 

部分別のアレルギー症状

shutterstock_173867315 (1)

皮膚

皮膚の乾燥や湿疹、蕁麻疹が現れ、かゆみを伴う事が多いです。

子どもの湿疹は顔や胴体、腕や足の関節部分によく見られます。

湿疹により肌のバリア機能が低下し、アレルゲンに対して過敏になりやすくなってしまいます。赤ちゃんの湿疹は後の花粉症や喘息を発症する事との関連があると言われています。

口の周り・唇・舌・喉の腫れや発赤や痒みが出ます。

生の野菜や果物で発症することがほとんどで、ゴムの成分(ラテックス)アレルギーと合併する事も多いです。また、花粉症との関連も言われています。

くしゃみや鼻水、鼻づまりが現れます。風邪の時の鼻水とは違いサラサラした鼻水が続くのが特徴です。

原因はハウスダストやダニ、花粉など環境的な要因がほとんどと言われています。

鼻づまりが続くと、赤ちゃんも寝苦しさや口呼吸によるのどの渇きから不機嫌になってしまいます。

 

気管支

咳、喘息、息苦しさ、呼吸困難などの症状が出ます。

乾いた咳が続く場合はこのアレルギー症状かもしれません。

風邪の症状と似ているので間違えやすいですが、咳が数週間続くようであればアレルギーの可能性がありますので病院で診てもらいましょう。

 

目のかゆみや充血、眼脂(めやに)や瞼の腫れが現れます。花粉症の場合、目に症状が出やすいです。

消化器官

下痢や嘔吐、吐き気、それに伴う体重減少。

消化器系に症状が現れる場合は食物アレルギーの可能性が高いです。ただし他の病気の可能性もあるので、医師の判断を仰ぎましょう。

全身

複数の部分に同時に症状が出る事をアナフィラキシーと言います。

その中でも血圧が下がったり意識が無くなったり、呼吸困難、ひきつけといった症状が急激に出る場合をアナフィラキシーショックと呼び、命に関わることもあるので、注意が必要です。

 

アレルギーの症状はどれくらいで現れる?

shutterstock_269148188 (1)

原因となる物質(アレルゲン)を食べたり、触ったり、吸い込んだりしてからどれくらいで症状が出るのでしょうか。

これは同じアレルギーでも個人差が大きく一括りにはできませんが、数分~2時間で症状の現れる即時型、6~8時間で発症する遅発型、24~48時間で発症する遅延型、すぐに症状が現れ落ち着いた後半日後にまた悪化する二相性の4つに分類する事ができます。

 

アレルギー反応は様々な免疫担当細胞が次々と反応を起こしていくので、症状がすぐに出なかったり落ち着いた後も48時間は子どもの様子をしっかりと観察する必要があります。

 

アレルギーが変化する?!「アレルギーマーチ」とは?

shutterstock_48719776 (1)

アレルギーの症状が年齢と共に変化していくことをアレルギーマーチと呼びます。このアレルギーマーチの原因は、子どもの成長と一緒にアレルギーの因子(アレルゲン)が変わっていくことによります。

 

一例としては乳幼児期に卵アレルギーだった子が小学生以降はダニやハウスダストアレルギーに、成人してからは花粉症になる、という事です。

また乳幼児期にアトピー性皮膚炎だった場合気管支喘息や花粉症へ移行していく経過も数多く見られます。

 

必ずしも乳幼児期にアレルギーを発症した人がこのように変化していくわけではありませんが、これから先の予防や症状の軽減の意味も込めてかかりつけ医に離乳食指導やダニやハウスダストの環境指導をしてもらうようにしましょう。

 

気になる症状が現れたら病院へ!

shutterstock_255821086 (1)

一概に「アレルギー」と言っても原因は様々。その時の赤ちゃんの体調によっても大きく左右されます。ママやパパが自己判断してしまわず、病院を受診するようにしましょう。

受診時には「何を食べたら反応したか」「いつから症状が出たか」「どんな症状が出たか」をメモして伝えるとスムーズです。

また、アレルギーの症状は数十分で消えてしまう場合も多いので、症状が現れている時を写真に撮っておき見てもらうのも良いですね。

 

病院での検査方法

shutterstock_405801448 (1)

特異的IgE抗体検査

代表的なアレルギーの検査で、少量の血液で複数のアレルゲンを同時に調べる事ができるので体への負担が軽く、多くの病院で行われています。

疑いのあるアレルゲンの血液中のIgE抗体量を調べて原因を見つけていきます。

 

皮膚テスト

皮膚にアレルゲンをつけて、どう反応するかを検察する検査方法です。

皮内テスト(アレルゲンを皮膚に注射する)やプリックテスト(針で少し傷をつけてそこにアレルゲンを垂らす)、パッチテスト(絆創膏にアレルゲンを塗って貼る)といった方法がありアレルゲンの種類や症状に応じて選択します。

 

食物除去試験

食物アレルギーだと思われるアトピー性皮膚炎の場合、この検査方法が使われます。アレルゲンだと疑われる食べ物を数週間食べずに過ごして湿疹の様子を観察していきます。母乳の場合はお母さんの食事から除去して様子を見ます。

食物負荷試験

専門医の元でアレルゲンの可能性がある食べ物を実際に食べて、症状がでるかを観察します。原因の特定だけでなく、どの位の量を食べたらアレルギーの症状が出るかもこの検査によってわかります。

具体的な除去食の方針も明らかにすることができるので、保育園や幼稚園に入園する前に検査している子も多いです。

 

子育てカテゴリーで読まれている記事

 

Sponsored Link


<当サイトより>
訪問者にに役立つサイトや商品を独自で収集しご紹介しておりますが、掲載企業様で掲載しないでほしい情報や削除してほしい部分がございましたら、<お問合せページ>よりご連絡くださいませ。できるだけ早急に対処いたします。

\ SNSでシェアしよう! /

ママとれの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママとれの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

coharu

coharu

旦那さんと2歳になる息子とのんびり関西で暮らしています。
結婚前は保育士として働いていました。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 蕁麻疹だけじゃない!赤ちゃんのアレルギーの症状とは!?

  • きちんと知っておきたい!赤ちゃんの予防接種の種類を解説♪

  • トイレトレーニングに役立つ!おすすめグッズをご紹介☆

  • 意外と知らない?子供の「中間反抗期」と対処法

関連記事

  • 図形問題をスラスラ解けるようになる 図形センスを磨く遊び♪

  • 小児科って何歳まで診てもらえるの?13歳?15歳?内科へ移るタイミング

  • 幼稚園の入園式、子どもとママはどんな服装をする?ピッタリのアイテム・セレモニーのマナーも掲載!

  • 子ども英語教室と教材おすすめはどっち?話せる覚える子供の英語学習

  • 幼児の便秘の原因は1つだけじゃなかった!解消法は6つの習慣で治す

  • 子供の歯並び治療はしたほうがいい?小児矯正期間や費用とメリット