1. TOP
  2. 子育て
  3. 子どもにアレルギー症状が出やすい食品とは?食物アレルギーのアレコレ

子どもにアレルギー症状が出やすい食品とは?食物アレルギーのアレコレ

子育て
この記事は約 9 分で読めます。

 

今回書かせていただくのは、人と深いかかわりにある『アレルギー』についてです。

 

アレルギーにもさまざまなものがありますが、今回は小さい子どもは特に注意が必要な『食品アレルギー』について、まとめていきたいと思います。

 

Sponsored Link

そもそも、アレルギーって何?

 

アレルギーというのは、誰にでも起こるものです。

 

アレルギーの広義は、「免疫反応に基づく生体に対する全身的または局所的な障害を指す。(『アレルギー疾患の現状等』平成28年2月3日 厚生労働省 健康局 がん・疾病対策課発表資料より引用)」とされています。

 

免疫反応?? 全身的または局所的な障害って???

 

う~ん、ちょっと難しいですね。

 

これをやさしく言い換えると、つまりはこう。

 

「ある特定のもの(物質)に対し、体が過敏に反応してしまう状態」

 

毎年、今の時期~初夏ごろまで悩む人も多い花粉症もアレルギー疾患のひとつですが、今回は食品アレルギーについての記事なので、そこは割愛します。

 

食品アレルギーで出る症状は?

 

食べ物でアレルギーが出てしまう場合、以下の体の部位に症状が主に現れます。

 

  • 全身症状…アナフィラキシー(複数の症状が重なった状態)、血圧の下降、ぐったりする など
  • 皮膚…かゆみ、じんましん、しっしん など
  • 目や鼻など…目の充血やかゆみ、くしゃみ・鼻水 など
  • 消化器系…腹痛、下痢、血便、吐き気や嘔吐 など
  • 呼吸器系…喘鳴、のどの違和感、咳、声枯れ など

 

上述したような症状がすべて現れるわけではなく、調理方法や個人差、食べたもの=アレルゲン(アレルギーの原因物質)によっても違いがあり、現れる症状の幅もさまざまです。また、成長とともに腸の機能が成長し、症状が軽くなる・なくなる場合(寛容といわれます)も。

 

子どもですと、かゆみやじんましんなどの皮膚症状が出ることが多いようですね。

 

症状がすぐに現れる子もいますし、半日後にポツポツとしっしんが出る子もいます。

 

特定の食品を食べさせたあとに、子どもの調子が悪そうだったり、戻してしまう、下痢をするなどの症状が現れたら、アレルギーかもしれません。

 

アレルギー表示とは?

 

 

食品を販売する際、販売者側に義務付けされている表示のことで、消費者庁が定めています。

 

容器包装された食べ物を購入したとき、原材料名欄に↓の写真のような表示がされていませんか?

 

 

この写真は我が家で食べたラクトアイスの空き箱。

 

原材料名のところに、「卵黄(卵を含む)」などと書かれていますが、これが特定表示です。

 

分かりやすいように原材料名欄とは別に「アレルギー表示」欄をパッケージに設けているものもあります(下の写真参照)

 

 

アレルギー表示には「義務」と「推奨」の2種類があり、以下のようになっています。

 

 

表示義務のあるもの(7品目)


小麦
落花生
そば
えび
かに

 

表示推奨のもの(20品目)
あわび
いか
いくら
オレンジ
キウイフルーツ
牛肉
くるみ
さけ(サケ)
サバ
大豆
鶏肉
豚肉
まつたけ
もも(桃)
やまいも
りんご
ゼラチン
バナナ
ごま
カシューナッツ

 

義務と推奨あわせて27品目がアレルギー表示の対象となっています。

 

表示義務のあるものを「特定原材料」といいます。

 

表示推奨のものは、可能な限り表示するよう努めることされていますが、食品自体が小さいものはパッケージサイズの関係などで表示が難しいこともあるので、注意が必要です。

 

アレルギー表示については消費者庁の資料に詳しく書かれていますので、参考にしてみてください。

 

 

※PDFデータです。

 

小さい子どもにアレルギーが出やすい食品とは?

 

アレルギー症状が現れるのに年齢は関係ありませんが、小さい子どもや赤ちゃんにアレルギー症状の出やすい食品があることは事実です。

 

どんな食品で、アレルギー症状がよく出るのでしょうか?

 

前項で述べた「アレルギー表示」をもとに、順にみていきましょう!

 

食物アレルギーの出やすい食べ物① 卵(卵黄、卵白含む)

 

0歳児で、食物アレルギーの原因として一番挙げられることの多い「卵」。

 

卵は卵黄と卵白に分かれますが、卵白のほうがアレルギーを起こす人が多いそうです。

 

たくさんの食品やお菓子に使われていて、口にする機会が多いので、注意しましょう。

 

 

食物アレルギーの出やすい食べ物② 牛乳・乳製品

 

 

牛乳タンパクの中に含まれるカゼインという物質が原因で起こるのが「牛乳」アレルギーです。卵に次いで原因として多く挙げられます。

 

また、カゼインは加熱しても構造がほぼ変化しない性質を持っているため、加熱処理してもアレルギーは起きやすいといえます。

 

牛乳同様、ヨーグルトなどの乳加工食品にも気をつけましょう。

 

 

食物アレルギーの出やすい食べ物③ 小麦

 

 

パンなどに使われる「小麦」も、アレルギー症状が出やすい食品のひとつです。

 

また、小麦はうどんやスパゲティなどの麺類や、なんとカレールゥにも含まれています。

 

結構意外なところで使われていることも多いんですね~。

 

 

食物アレルギーの出やすい食べ物④ 果物類

 

 

前項で挙げた「オレンジ」「キウイフルーツ」「桃」「りんご」「バナナ」などの果物類も、アレルギー症状が出やすい食べ物です。

 

りんごなどは離乳食初期に、すりおろしたり、裏ごししてジュースにしたりすることもありますね。

 

また、桃やバナナなどは、食感が柔らかく赤ちゃんでも食べやすいものなので、初めて食べさせる場合にはすこし注意したほうが良いかも。

 

 

食物アレルギーの出やすい食べ物⑤ 鶏肉や豚肉など

 

 

「ささみ」は茹でて子どもに与える機会が多いと思います。「豚バラ肉」なども、柔らかく煮込んだりすれば、子どもでも噛める固さになるので、子ども用の食事メニューに使われる方も多いのでは?

 

しかし、「鶏肉」には、牛乳に含まれるカゼインと同じ性質=熱による変化をうけないアレルギー原因物質も含まれています。

 

「豚肉」は遅発性(遅れて症状が出る)タイプのアレルギーであることが多いため、豚肉アレルギーだと気付かない方もいるようです。

 

食物アレルギーの出やすい食べ物⑥ サケやサバなどの魚介類

 

 

「サケ」「サバ」は調理しやすいので、重宝しますよね!

 

最近では骨抜き処理された商品がスーパーなどに並んでいることも多いので、食卓に上る機会も多いかもしれません。

 

しかし、これらの食品も、アレルゲン含有の可能性が…!

 

ヒスタミンによる食中毒もアレルギーと同じような症状が出ることがあるそうなので、慎重に見極めましょう。

 


上に挙げた食品は、離乳食初期や幼児食などでも使われることが多い食品であるため、小さい子どもにもアレルギー症状が出やすい食品であると言えます。

 

子どもの食事を作る際に知っておいてソンはないと思うので、覚えておきましょう。

 

ただ、生きていく上で、これらの食品をすべて除去することは難しいと思います。現在は食品加工の技術も著しく進歩しており、添加物などにもアレルギー特定材料が使われていることも。

 

一般的にアレルギー症状が出やすいとされている卵については、以下のような動きもあります。

 

現在、日本小児アレルギー学会が発表している『鶏卵アレルギー発症予防に関する提言(2017年6月16日付 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会)』には、「鶏卵アレルギーを発症しやすい乳児に対して、医師の指示のもと、ごく少量から摂取していき、成長するにつれ摂取量を増やしていくことで、1歳で鶏卵アレルギーの発症を抑制した」という研究結果も報告されてます。

 

(※これには条件やルールなどがあります。すべての人に当てはまるわけではありません。自己判断で試そうとせず、必ず事前に医師に相談を!!)

 

このように、アレルギー特定材料を全面的に避けるのではなく、その食品に対してある程度体を慣れさせて抗体をつくる、という目的で、アレルギーに向き合う姿勢も大切なのかもしれません。

 

まとめ

 

今回は、食品のアレルギー/食物アレルギーについてまとめてみました。

 

異物に対して体が過剰に反応している状態のことを、アレルギーと呼ぶんですね。

 

人間は食べ物がないと生きていけません。しかし、食品のなかには、アレルゲン(アレルギーの元になる成分)を持つものも。

 

特に子どもは、まだ体の免疫力が未熟なため、一旦アレルギー症状が出てしまうと、重篤化する恐れもあります。

 

食事に使う材料のパッケージに明記されている「アレルギー表示」などを参考にしつつ、アレルギーとうまく付き合っていけるといいですね。

 

Sponsored Link


<当サイトより>
訪問者にに役立つサイトや商品を独自で収集しご紹介しておりますが、掲載企業様で掲載しないでほしい情報や削除してほしい部分がございましたら、<お問合せページ>よりご連絡くださいませ。できるだけ早急に対処いたします。

\ SNSでシェアしよう! /

ママとれの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママとれの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

nino

nino

ライター 兼 らくがきイラストレーター。広島在住。
家族4人+文鳥2羽でまいにち暮らしています。
文鳥グッズを集めるのが趣味。
Twitter : nino

この人が書いた記事  記事一覧

  • そら豆の美味しいゆで方から豆知識まで! 今が旬のそら豆のアレンジレシピも5つ掲載☆

  • 【5月5日】端午の節句とは?お祝いでは何が必要?地域によっての祝い方の違いなど!

  • 運動会 イラスト素材10選&フォント5選【PTAでも使える】【紙サイズメモ】

  • 母の日には名入れギフトを。オススメの名入れプレゼント 15選!

関連記事

  • 【5月5日】端午の節句とは?お祝いでは何が必要?地域によっての祝い方の違いなど!

  • 蕁麻疹だけじゃない!赤ちゃんのアレルギーの症状とは!?

  • 子供が花粉症!?どうしよう? | ママ目線で見た花粉症予対策やアイテム 15コ紹介!

  • 子育て支援カード知ってなきゃ損するかも?

  • 幼稚園の入園準備に必要なものは?手作り派?購入派?ミシン選びのポイントも紹介

  • 小児科って何歳まで診てもらえるの?13歳?15歳?内科へ移るタイミング