美容

『気付いたら目の下にクマが…(泣)』 を無くす!目のクマ・色素沈着の原因は?クマの解決方法5つ掲載

 

朝起きたら目の下にクマが…!!(がーん)

 

という経験をされたことのある方、多いと思います。

 

寝不足で…」「疲れ気味で…」とさまざまな理由があるでしょう。

 

ではなぜ、寝不足や疲れ気味だとクマができてしまうのか、ご存知ですか?

 

これからの時期、クリスマスやお正月など、イベントも続きます。いつもより入念にメイクする機会も増えるはず。
暑い夏や残暑厳しかった秋が過ぎようとしている冬の入り口の今こそ、クマ対策に着手するチャンス

 

ということで、今回は【目の下のクマ】の原因から、クマの対処方法関連グッズについて書いていきたいと思います。

 

目のクマの原因

 

目のクマとは、下瞼(まぶた)の黒くくすんだ部分のことを指します。また、加齢に伴うものや遺伝などによって、上瞼も黒く染まる体質の人もいます。

 

この黒ずみの正体ですが、紫外線を浴びすぎたメラニンの増量によるもので、メラニンが皮膚の表面(表皮細胞)に蓄積し色素となって沈着することによって、黒くなって見えます。

 

メラニンはもともと人間の細胞には必要不可欠なもので、体の中で主に肌の色や髪の色などを作るはたらきをしています。紫外線によって発生する活性酸素を消し、皮膚の細胞を守ってくれる役割を持ちます。

 

このメラニンがあることで、紫外線を浴びても肌の奥のほうにまでダメージが行かずに済んでいるのです(メラニンがないと肌はすぐボロボロになってしまいます)。

 

ですが、メラニンの処理能力にも限界があり、この限界を超えてしまうと、黒ずみとなってクマの原因となってしまうのです。

 

また、血行不良や老化などもクマの原因ともされています。

 

目の下にできるクマは、漢字だと「隈」と書きます。

 

歌舞伎役者さんが目の周りを縁取る独特のお化粧をされますが、これ「くまどり」と言います。これがクマの語源であるとも考えられます。

 

ただ、歌舞伎の場合は人物の表情や性格などを際立たせるための表現方法であるので、目の下にできるクマとは少し意味合いが違いますけどね(^^;)

 

目のクマの種類

blank

 

目の下にできるクマと言っても、それには種類があることをご存知でしょうか?

 

クマには「茶クマ」「青クマ」「黒クマ」の3種類があります。

 

目のクマ① 茶クマ

 

茶クマ」は、主に色素沈着が原因で起こります。

 

紫外線を浴びすぎたことや、目を擦ってしまうと肌への刺激になり、シミ・くすみとなって色素として定着してしまったものが、目の下に茶クマとなって現れます。

 

紫外線対策を怠った場合に出てくるクマで多いのが、この茶クマです。

 

 

目のクマ② 青クマ

 

青クマ」は、主に血行不良が原因のクマです。

 

目の周りの皮膚はとても薄く、血管が透けて青く見えることもありますが、血行不良により皮膚の表面上で見ると青くなっている…=青クマというわけです。

 

原因として挙げられるものはたくさんあります。

 

体全体の冷えやパソコン・スマホの使いすぎ、寝不足、ドライアイなども青クマの原因とされています。

 

目を酷使することが多い最近では、もっともよく見られるのがこの青クマではないでしょうか。

 

 

目のクマ③ 黒クマ

 

黒クマ」は老化目の下のたるみが原因とされます。

 

老化などの要因により、皮膚がデコボコとした状態となり、その影が黒クマに見えるのです。

 

基本的に皮膚の薄い部分は刺激を受けやすく、それがたるみの原因となったりも。

 

つまり黒クマの原因ともなるのです。

 

 

種類別!目のクマの対処方法

 

blank
先ほど、目のクマには3種類あると書きましたが、クマの種類によって、目のクマを消すための対処方法が違ってきます。

 

それでは、種類別に見ていきましょう!

 

茶クマの対処方法

 

茶クマ」はメラニン色素が目の下に沈着してしまうことで起こります。

 

先の項でも述べましたが、メラニン色素は紫外線を浴びすぎることで活性化し、それが肌の表面に黒く浮き出て、クマとなって現れます。

 

ですので、茶クマができてしまった!という方は、紫外線対策や美白効果のある化粧品でケアすることが大切です。

 

紫外線は夏だけ盛んなイメージがありますが、実は季節は関係なく、夏と真逆の冬でも地上に降り注いでいます。

 

晴れの日だけではなく、曇りの日も雲の隙間などから紫外線は届いていますので、一年中ケアしていく必要があります。

 

また、目の擦りすぎ・瞼を強く擦ってしまった、という刺激でも色素沈着は起こりやすいので、強めのアイメクをしたあと、メイクオフをする際には擦らないように気をつけましょう。

 

落ちない!と思って、ついついごしごし擦っちゃいますけどね…^^;

 

そういう場合は目の部分だけ予洗いするのも効果的ですよ~。

 

青クマの対処方法

 

青クマ」は目の周りの血行が良くない場合に起こりやすいので、目元の血行を促進することが第一優先。

 

実は私もパソコンをよく使うのでこのタイプなのですが、『なんか目が疲れたなぁ…うわクマできてる!』っていう時に一番効くのは、アイマスク

 

専用のアイテムを使うのも良いですが、濡らしたタオルを電子レンジ(600w)で30~40秒チン!でも完成するので、めちゃくちゃお手軽です。2~3回連続してやるとより効果的。

 

また、目元だけでなく、体全体の冷えが影響している場合もありますので、お風呂にゆっくり浸かったりするのも良い方法です。

 

目のツボも効きます。

 

黒クマの対処方法

 

黒クマ」はお肌の老化やたるみなどが原因で起きますので、原因をシャットアウトすることが大事です。

 

ハリ効果のある美容液を使ってみたり、目の周りのたるみを防止するマッサージなども効果的。

 

また、顔が浮腫んだりするとより一層目立ってしまうのも黒クマの悪いところ。

 

目元だけではなく、顔全体のむくみを取るような運動をするのもいいと思います。

 

目のクマに効くアイテム

 

blank
目のクマに効くアイテムや方法をご紹介していきます。

 

また、メイクする時のクマ隠しアイテムも一緒に書いていきますね。

 

その① アイマスク

 

目元の疲れはクマの原因にもなりやすいため、アイマスクでリフレッシュすると効果的。

 

その際、温めるようにするとより一層の効果が期待できると思います。

 

先ほども書きましたが、私もクマ予防や疲れ目に電子レンジでチン!してお手製のホットアイマスクをしてます。

 

また、専用の商品を使うのも◎!

 

 

blank

 

その② マッサージをする

 

目元の血行不良には、アイマスクと一緒にマッサージも取り入れると効果的です。お風呂に入った時になど、洗顔する際にマッサージしてみてくださいね。

 

【アイマッサージのやり方】

 

①目を閉じた状態で両瞼にそっと指を沿え、目の縁に沿って、目尻から目頭の方に向けてなぞります。

 

②同時に、こめかみや目頭と鼻の付け根の間にあるツボ『睛明(セイメイ)』を軽く押したりするとなお良し。

 

★あまり強い力を込めると、それこそクマの原因になってしまうので、あくまでやさしく!ソフトタッチで!2~3回行うと良いでしょう。

 

★目の周りをやさしく撫でるだけでもOK。

 

その③ 美容成分を多く含む食品やサプリメントを摂る

 

目に良いとされている成分「アントシアニン」は、ベリー系の果実などに多く含まれているとされています。

 

果物ではブルーベリーやプルーン、カシスなどが有名でしょうか。小豆や赤ワインなどにも多く含まれています。

 

アントシアニンは疲れ目に効きますが、疲れ目→クマのループを避けるため&クマを予防する意味でも、積極的に摂りたいですね。

 

また、食べ物だけで補うのは難しい…という場合には、サプリメントを服用するのも手です。

 

ブルーベリーアイ(わかさ生活)

 

blank

 

その④ 目元専用パックをする

 

普通のフェイスパックだと、目元の辺りは大きな円でくり抜かれていることが多く、目元だけパックされない!ということも。

 

顔全体に伸ばそうとすると目元の部分が空いちゃうんですよねぇ…^^;

 

そんな時には、目元専用のパックを使うのもクマ対策になります!

 

今はたくさんの商品が売られていますので、お気に入りを見つけるのも楽しいですよ♪

 

コットンにたっぷり化粧水や乳液、美容液を含ませたコットンパックをするのも良いかも~~。

 

ノンクマ(ビー・エヌ)

 

blank

 

その⑤ 睡眠不足を解消する&生活習慣を見直す

 

体の健康を維持するためにも言えますが、クマ対策には、睡眠不足の解消や生活習慣を根本から見直せば解決することもあります。

 

特に青クマは寝不足や血行不良が原因で起こるので、きちんと睡眠をとることを、まずしていきましょうね。

 

寝る前のスマホがやめられなくて…という方。

 

寝る前にスマホを触ると、液晶の明かりで目が余計に冴えてしまいます。ブルーライトを浴び続けるのは良くないので、寝る1時間前はスマホを見るのは止めましょう~。

 

クマ隠しアイテム

 

メイクする時、クマを隠すには『コンシーラー』を使うとマスト。

 

クマの種類によって多少色味を変えると目立ちません!

 

[surfing_su_list_ex icon="icon: heart" icon_color="#fe78ff"]

  • 茶クマ…イエロー系
  • 青クマ…オレンジ系
  • 黒クマ…ホワイト系またはパールの入ったもの

[/surfing_su_list_ex]

 

次にコンシーラーを買うときに参考にしてみてください♪

 

目のクマ まとめ

 

blank

 

目のクマには、「茶クマ」「青クマ」「黒クマ」の3つ種類があることが分かりました。

 

また、クマの種類によって、原因や解消方法が違うんですね。

 

茶クマには紫外線対策、青クマには血行促進対策、黒クマにはお肌のハリ・たるみ対策が有効ですよ~!

 

記事中の写真は、一部「写真AC」様、「イラストAC」様、「ぱくたそ」様よりお借りしました。

 

 

[surfing_other_article id=2451]

[surfing_other_article id=1338]

-美容
-,