1. TOP
  2. 冬の乾燥からお肌を守るには体の内側からと正しい入浴法で予防!乾燥肌から美肌になるには

冬の乾燥からお肌を守るには体の内側からと正しい入浴法で予防!乾燥肌から美肌になるには

2016/11/21 美容
この記事は約 9 分で読めます。 34 Views

一年を通して気になるお肌の乾燥。特に冬場は乾燥肌になっている方も多いいですよね。乾燥肌に悩んでいるのは大人だけではありません。

実は子供の皮膚って大人より薄いので乾燥しやすいんです。

乾燥肌が気になるママやお子さんのために、今回はお肌を乾燥から守って潤いを与える食べ物&レシピと手抜き風呂がおすすめなわけをご紹介したいと思います。

お肌の潤いが気になる方必見です♪

冬はどうして乾燥しやすいの?乾燥とは?

yama10
『冬は乾燥しやすい』とよく言われていますが、なぜ冬は乾燥しやすいのでしょう。そもそも乾燥はなぜ起きるのでしょう。

私たちが生活している周りには空気が存在します。空気は水蒸気と酸素・窒素などの成分で構成されています。その中で最も変動しやすいのが水蒸気なんです。水蒸気とは水が気体になったもの。

気温が低いと空気の温度が下がり、空気中の水分である水蒸気が減り、乾燥と呼ばれる状態になります。冬に空気が乾燥するのはこういう訳だったんですね。

また、気温が高い状態(空気の温度が高い状態)になると空気中の水分を増やすことができるようになります。この時、温度が高くなっても空気中の水分を増やすことができないと乾燥と呼ばれる状態になります。アメリカのカリフォルニアは夏でも乾燥しています。

つまり乾燥は空気の温度が低いために起こる場合と、温度が高くても引き起こされる場合があるんです。

乾燥肌を引き起こす原因

yama16
乾燥肌になる原因の一つは空気の乾燥によるものがあります。
空気が乾燥していると人間の肌に含まれている水分が空気中へと蒸発していきます。これにより肌の水分量が減り乾燥肌を作り出します。

空気が乾燥する冬場に乾燥肌になる人が多いのはそのせいなんですね。その他には体質、年齢・・・悪い入浴法が乾燥肌を引き起こすとも言われています。

手・足を見てみると白く粉がふいている方は乾燥肌の可能性が大です!対策を練らないとお肌のターンオーバーが狂い、肌がごわついてきちゃうかも。

スキンケアでの対策も必要ですが、体の内側からアプローチして改善してみませんか。それにはお肌に必要な栄養をしっかりと摂って体質改善してみましょう。

乾燥肌に効く6つの栄養素とは

yama15

乾燥肌を改善したいのであれば、お肌を作る元である食べ物を見直してみませんか。肌細胞の元になる食べ物に気を付けることで、新陳代謝を高めて潤いのあるお肌を作る事ができますよ♪

特に乾燥肌に良いと言われている栄養素は次の通りです。

<ビタミンA>
肌に潤いを保ち、新陳代謝を高める作用があります。
緑黄色野菜、レバーやうなぎ、チーズなどに多く含まれています。

<ビタミンB2>
肌の新陳代謝を促し、肌の炎症などを抑える働きがあります。
レバー、うなぎ、納豆、卵などに多く含まれています。

<ビタミンB6>
美肌に必要な栄養素で、タンパク質の分解・合成を助ける作用があります。
レバー、さんま、まぐろ、卵、穀類

<ビタミンC>
皮膚のシミ・しわを予防し、コラーゲンの生成を促す働きがあります。
レモンなどの柑橘系の果物、柿、緑黄色野菜に多く含まれています。

<ビタミンE>
抗酸化作用があり、血行を促進し、ホルモン分泌を整える効果があります。
アーモンドなどのナッツ類、モロヘイヤ、うなぎ、カボチャに多く含まれています。

<セラミド>
肌の水分の蒸発を防ぎ、保持する働きがあります。
コンニャク、しらたき、ひじき、黒豆などに多く含まれています。
米・小麦やコーヒー・紅茶などにも含まれています。

美肌になるレシピ

お肌にいい食材はどれも日々の献立に取り入れているものが多いんです。一汁三菜に分けてお肌に良い栄養素を摂り入れてもいいですし、欲張りさんは一つのメニューに盛り込んでもOKです(^^)

resipi1

南房総市給食◆大豆の磯煮

【材料(4人分)】
油 小さじ1/2
豚肉(こま切れ) 20g
人参 1/4本
つきこんにゃく 40g
長ひじき(乾物) 12g
大豆(乾物) 16g
さつま揚げ 20g
いんげん 3本
●三温糖 大さじ1/2弱
●みりん 小さじ1
●酒 小さじ1
●だし汁 100ml
しょうゆ 大さじ1/2強

【作り方】
①乾燥大豆は一晩水に漬けておく。鍋に大豆と水を入れ、沸騰してから15分ほど茹でておく。
②ひじきは水で戻し、食べやすい大きさ(3cm位)に切る。
③人参は千切り、つきこんにゃくは3cm位、さつま揚げは短冊切り、いんげんは熱湯で茹で、2cm位に切る。
④鍋に油を熱し豚肉を炒め、人参、つきこんにゃく、ひじき、①の大豆を加え炒め合わせる。●をいれ混ぜ、中火~弱火で5分程煮る。
⑤ひじきが柔らかくなったら、さつま揚げ、しょうゆを入れ味を整え、仕上げにいんげんを入れ混ぜる。

ひじきは芽ひじき、大豆は水煮やドライパックでもOK!さつま揚げも油揚げに変えるなど、冷蔵庫にある食材でアレンジしてみて下さい。

 

 

resipi2

超簡単!納豆ニラお焼き♪byザ・ワンピース

【材料(2人分)】
●ニラ 半袋
●納豆 2パック
●卵 1個
●小麦粉 大さじ3
●水 大さじ1
●醤油 大さじ1
ごま油 適量

【作り方】
「下準備」
①ニラは3cmくらいに切り、深めの器に全ての材料を入れて混ぜる。
②フライパンにゴマ油を入れ熱し、好きな大きさに流し入れ、両面焼く。
③カレースプーンで1~全てやってもOK。そのままスプーンでフライパンに流し入れれば焼くだけなので。
④そのまま食べても美味しく頂けますが、お好みで、マヨネーズやポン酢などつけて召し上がれ♪

納豆嫌いな人に、どうしても納豆を食べさせたくて、試行錯誤して出来た逸品です♪

新陳代謝を高める食材をたくさん食べて美肌を作り出しましょう。

乾燥肌におすすめの入浴法

yama14

寒い季節になってくると誰しも熱いお風呂でゆっくりと身体を温めたくなっちゃいますよね。お風呂は蒸気が満ちていて入っているだけで潤っている感じがします。

でも間違った入浴法は肌を痛めてしまうと言う驚きの事実があったんです。しかも長風呂は乾燥肌を悪化させる元だとか・・・

肌トラブルを回避して美肌を作るために、今回は『世界一受けたい授業』で放送されていた乾燥肌を改善する正しい入浴法をご紹介します。

お肌に悪い入浴法5

yama12

一日の疲れを癒そうと普通にお風呂に入っていたことが、実は乾燥肌を引き起こしているかもしれないんです。
お肌に悪い入浴法は次の5つになります。

★15分以上の長風呂★
長くお風呂に入っていると指の先がシワシワになりますよね。これは肌の保湿成分が流れてしまっているサインなんです。
長くお風呂に入っていると肌の角層が大量の水分を吸収し膨らんだた状態なり、肌を守っている皮脂が落ちて肌の保湿成分が流れ出るそうです。長風呂はお肌に良くないことだったんですね。

★42度以上の熱いお湯に入る★
冬場はついついお湯の温度を上げてしまいす。お風呂の温度を38度と42度で実験したところ肌の水分量に違いが出ました。
入浴後1時間経過した肌の水分量は、42度では38度の半分ほどしかないという結果に!
熱いお湯はより乾燥を招いてしまうんですね。どうしても熱いお湯につかりたいという方は、炭酸ガス入りの入浴剤のご使用をおすすめします。
炭酸ガス入りの入浴剤は体感温度を2度ほど上げることができますし、香りにより癒し効果を得ることもできます。

バブはなめぐりの湯 12錠入

taisaku3

ドラえもん 入浴剤バスボール ひみつ道具バージョン

taisaku2

★一番風呂★
一番風呂はキレイなイメージなんですが、水道水には微量の塩素がふくまれており、肌を刺激して肌荒れの原因にもなるそうです。肌が乾燥しやすい冬場はダメージが出やすいのだとか。
二番風呂は最初に入った人のタンパク質などが塩素と結びつき、塩素の数が減少するので良いとのこと。一番風呂が肌には良くないという驚きの事実でした。
一番風呂になってしまう場合は、スプーン1杯のレモン果汁を入れることで塩素を減らすことができるそうです。

★浴室・脱衣所が寒い★
脱衣所が寒いご家庭も多いのではないでしょうか。
脱衣所が寒いと急激な温度変化で寒冷じんましんになることもあるそうです。寒冷じんましんが出るとかゆくて肌をかきむしり肌を痛めてしまうことも。
予防策として脱衣所にパネルヒーターなどの暖房機を置くことをおすすめします。
またお風呂を沸かすときに、お風呂の蓋を開けた状態で湯をはると、風呂場も温かい状態になるので急激な温度変化を防ぐことができます。

★全身をゴシゴシ洗う★
全身を洗う時ゴシゴシ洗っていませんか。
肌をこすると洗えている感じがしますが、それは肌にとって良くないことなんです。
肌をゴシゴシこすると皮膚の表面にある皮脂膜をとってしまい乾燥に繋がります。
皮脂膜はお肌の潤いをたもつ蓋の役割を果たしている重要なものなので、ゴシゴシ洗いはウロコ足になる危険性も!!優しく手で洗うだけでOKなんです。

手抜き風呂で美肌になる

yama13

一日の汚れを落とすためゴシゴシ洗っていませんか。お肌には手抜きぐらいの入浴の方が肌を傷めず良いそうです。
その入浴法とは、

★お風呂の蓋を開けて湯を張り、脱衣所も暖房機で温めてほかの部屋と温度差を無くしておきます。

★入浴前、お湯にレモン果汁1杯入れて塩素を減らしておきましょう。ゆずやかぼすなどを浮かべてもOKです。

★体を洗う時はボディーソープを手の平で泡立ててから、手で優しく体を洗うようにしましょう。洗うのも顔・わき・胸・お尻・股の5カ所のみで良いそうです。他はお湯で流すだけでOK。

★シャワーの水にも塩素が含まれています。体を洗い流すときはシャワーを使うのではなく、湯船にはったお湯を使いましょう。

★入浴は40度くらいのお湯に10分ほど、肩までつかるのが良いそうです。額に汗がじんわり出てきたら上がりましょう。

★お肌の乾燥が気になる方は、浴室の中で体をふいて、気になる部分に化粧水をつけて、保湿クリームを塗るようにしましょう。

★さらに美肌を目指される方は、入浴前に緑茶を飲むと、緑茶に含まれているカテキン効果で美肌効果がアップします。

taisaku1

Cetaphil セタフィル Moisturizing Lotion モイスチャライジング ローション 591ml

 

まとめ

yama11

日本の冬は空気が乾燥しがちなので、乾燥肌で悩まれる方が多くなる季節です。ただでさえ乾燥肌になりやすいのに、冷え切った体を温めようと熱いお風呂につかることがより乾燥肌を招いているなんて驚きですよね。

お肌に良いと言われる食材を摂取しても、お肌に悪い入浴法で乾燥肌を招いたのでは勿体ない話です。
でも、これからは美肌になる入浴法と体の内側からのダブルの効果で、冬でもプルンプルンの肌になるかもしれませんね♪

美肌になるための入浴法が手抜きで良いなんて嬉しい話ですよね。

Sponsored Link


<当サイトより>
訪問者にに役立つサイトや商品を独自で収集しご紹介しておりますが、掲載企業様で掲載しないでほしい情報や削除してほしい部分がございましたら、<お問合せページ>よりご連絡くださいませ。できるだけ早急に対処いたします。

\ SNSでシェアしよう! /

ママとれの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママとれの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介

kumi

kumi

面白いこと、楽しいこと大好きな大阪育ちの主婦です。
二人の娘ちゃんの笑顔を栄養に料理、掃除、日々頑張ってます。

週に一度の娘ちゃんのお弁当作りで、オブラートアートを入れるのが密かな楽しみ(^^)
美味しいパン作りが癒しの時間♪

色んなことにアンテナはって情報を配信していきたいと思います。

この人が書いた記事

  • 子供が喜ぶうちのごはん 野菜をモリモリ食べれる楽ちんレシピ

  • ディズニーランドショーレストランがおススメ!食事とキャラクターが一緒に楽しめちゃう

  • 宿泊しながらホタルを見よう-旅館選びはここから

  • 幼稚園の入園準備に必要なものは?手作り派?購入派?ミシン選びのポイントも紹介

関連記事

  • ダイエットだけじゃない!こんなにも凄いココナッツオイル驚きの効能!!

  • 女性の頭皮の匂いは『アメリカザリガニ』以上?!匂いを消す正しいケアとは

  • ほうれい線を無くして若返らせる方法。見た目年齢5歳アップを目指す!

  • 女性の更年期障害の症状をチェック!ケア方法・治療方法6つのまとめ

  • 酵素玄米の効果とレシピ 酵素玄米で健康的な体を手に入れよう☆【ダイエットも!】

  • 美肌に、生活習慣病に、二日酔いにも効く!?スーパーフルーツ 柿の効能とは!